マジ感謝

NLPコーチング

とうとうGW終了ですね・・・。

この5日間ダラダラと過ごししていたので、明日から5連勤とか気が遠くなりそうです。

この連休の間、ほぼダラダラしてはいましたが、自分なりに色々と思うところがありまして、ブログ名を若干変更してみました。(o゜▽゜)o

ちなみに今日のブログタイトル「マジ感謝」は、チームしゃちほこの曲名だったりします。(^^)

 

 

 

自分が変われば、全てが変わる

 

これはよく言われることですが、これだと色んな人が使ってるし自分的にはなんだかシックリこないんですよね。

 

というのも、

 

「自分が変わる」

 

と言う部分に最初の頃は抵抗感があったんです。

 

なんでこっち(自分)が変わらなければいけないの?

 

とか

 

なんか負けた気がしてイヤだ。

 

みたいな。

 

今はきちんと言葉の意味を体感出来ているので問題ないのですが、わたしと同じように感じている人がいるんじゃないかな〜というのと、わたしのコーチングスタイルはココロにフォーカスをしているので、

 

「自分が変われば、全てが変わる」

 

ではなく

 

「心を満たせば、全てが変わる」

 

にしました。

 

ちなみにこの言葉で検索をかけると、ディーパック・チョプラの「心を満たせばカラダはやせる」がヒットするのですが、決してマネたわけではありません。(^^;)

 

 

 

心を満たすことは、自己重要感を満たすということ

 

今回ブログ名に使ったこの言葉。

 

よく「心のコップを満たす」と言いますが、実際には満たされていない人が多いんですよね。

 

だからコミュニケーションの講座などでは、相手の心のコップを満たせばよりよいコミュニケーションが取れるというようなことをいわれ、簡単なワークをやったりします。

 

でも実際には心のコップが満たされていない人がこれをするのは難しいと思うんですよね。

 

自分が満たされているからこそ相手にも分け与えることができるのであって、テクニックとして相手の心のコップの満たし方を知ったとしても実際には出来ないと思います。

 

まずは

 

自分の心のコップを満たすこと

 

が大事だと、私は思います。

 

そして自分の心のコップを満たすことは、前回のブログに書いた引き寄せにも大事なことでもあります。

 

 

 

思考は現実化する

 

これは内側にあるもの(思考)が外の世界を作る(現実化する)というもので、

 

思考とは“心”

 

であり

 

心の在り方が全て

 

といえます。

 

心で願ったことが、やがて現実のものとなる。

 

もちろんそこには行動が必要です。

 

ただ願っただけでは、何も起こりません。

 

私はこのGWに「ザ・シークレット」の続編の「メタ・シークレット」というDVDを見ました。

 

そこで語られていたことは

 

愛と感謝

 

愛と感謝が引き寄せには大切な要素だというのです。

 

愛も感謝も自分の心が満たされていなければ、与えることも表現することも難しいもの。

 

だからまずは自分自身が満たされ、愛と感謝を持って日々の生活を送ること。

 

そうすることで、やがて自分にとって望ましい状態や欲しいものを引き寄せられるのです。

 

愛とは特定の人へのものだけでなく、あらゆるものに対する分け隔てのない愛で

 

無条件の愛

 

である。

 

 

感謝も特別なものでなくて大丈夫です。

 

例えば、

 

「毎日ご飯を食べられている事に感謝」

 

とか、

 

「仕事があることに感謝」

 

とかでも良いと思います。

 

とにかくあらゆること、ほんの些細なことでも感謝をすること。

 

そうすることで愛にあふれた状況や感謝する状況が引き寄せられてきます。

 

 

だからまず、

 

自分をいたわり心を満たしていきましょう!

 

 

他人のことが気になる人は、私は私と思いましょう。

 

 

頑張りすぎている人は、少し頑張るのをやめリラックスしましょう。

 

 

自分はダメだと思ってしまう人は、こんな自分でも大丈夫と言いましょう。

 

 

 

 

あなたは、ありのままの自分にOKをだせていますか?

 

NLPコーチング
プロフィール
ききぼうず

ヒプノセラピーとNLPの手法を取り入れたカウンセリング&コーチングでココロの自然治癒力を取り戻し、潜在意識を味方にして自分の思い通りに生きていくお手伝いをしています。

ききぼうずをフォローする
ききぼうずをフォローする
こころのやすらぎ処 ききぼうずCafe

コメント

タイトルとURLをコピーしました