いつまで夢を見ているの?

NLPコーチング

今日は朝から友達に会うために車でお出かけの日。

朝方からずっと昨日の上司との話が頭の中をグルグル回っていて、少々モヤモヤしながら目が覚めた。目が覚めてから車を運転して待ち合わせの場所までの移動中もグルグル、モヤモヤ・・・。スッキリしない天気と相まっていい感じにモヤついていました。

なぜモヤついていたのか?
昨日の終業時間の30分前くらいから、現在の労働契約の更新についての話し合いがあって、そこで上司から言われた言葉が引っかかっていました。

ちなみ私は現在40半ばで、3ヶ月毎の契約社員。契約更新の話し合いは今回で二回目で正社員のオファーあるが、その気はなく契約社員を希望。
理由はやたいことがあるから。
やたいことの具体的な内容は会社側には伝えていないが、ウチの上司は「やりたいこ=フリーランス(起業)」と思っている模様。

で、その話し合いの中で

「すこし周りの目とかを考えたほうが良いんじゃない?きちんと正社員として責任ある仕事をし社会的にも認められて、経済的にも自立してる歳だよね。結婚とか考えてるなら、なおさらきちんとしてないと。40半ばで未だに夢を追いかけてるのはどうなんだろう?もっと地に足をつけて今後の人生を考える必要があるんじゃないかな〜。自分も同じような経験があるから心配なんだよね、余計なお世話かもしれないけどさ。」

ということを言われ、

すごく気にかけて心配してくれての発言なので

「そこまで心配していただいて、とてもありがたいです。」

と伝えたものの

上司にとっては、俺って

夢を追いかけてフラフラしてる人

ってイメージなんだな〜って思ったわけ。

まあ、そこは別にいいんだけど、周りの目とか世間体みたいな事をいわれたことにほんのり違和感を感じたわけです。

自分では完全に覚醒してる(マトリックス的に)と思ってるので

正直、そんなもの全く気にしてないんですけど?

むしろこの年だから、いまさらサラリーマンとして会社に人生捧げるつもりはないし、
残りの人生をどれだけ自分らしくいられるか?
のほうが大事。

って感じなんですよね。(^_^;

だから、上司の言葉は一般的にはごくごく普通のことをいっているのだけれど、

全く私には響かないのでした。

でも気持ちはすごく嬉しかったです!

そういうこと言ってくれる人って少ないですからね。

でも最近私の周りには私の心配をしてくる優しい方が増えてきましたね〜。

何でだろ?(o゜▽゜)o

モヤモヤの経緯はこんな感じなのですが、
そのことをグルグル考えていて突然

あ〜〜〜〜!?

ってなったのが、

私の勝手な思い込みとか解釈かもしれないけど、

上司は私の中に自分を見ているから、自分に向けて言ってるんじゃないか?

知覚は投影ってこういう事?

って思ったのです。

そして以前このブログで書いた自分の記事のことを思い出し、やっと腑に落ちた感覚になりました。

一瞬この人は

ドリームキラーか?

とも思いましたが、

そっか、ウチの上司は周りの目を気にして頑張って生きてるんだな〜って。

まだ夢の中にいるのは私ではなくアナタのほうでは?

と思ったわけです。

ここに行き着いたら何だかスッキリしました。(^^)

あなたは自分の人生を生きていますか?

NLPコーチング
プロフィール
ききぼうず

ヒプノセラピーとNLPの手法を取り入れたカウンセリング&コーチングでココロの自然治癒力を取り戻し、潜在意識を味方にして自分の思い通りに生きていくお手伝いをしています。

ききぼうずをフォローする
ききぼうずをフォローする
こころのやすらぎ処 ききぼうずCafe

コメント

  1. 小 暖 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうなんだよね。
    きっと、善意で言ってるのもわかるけど
    余計なお世話…といいますか^^;
    多分コンフォートゾーンから出るのが
    上司さんが自分のことなら怖いから
    それと同じ様にやまぞうさんを心配して
    くれているんだろうなぁとわかる。
    「あ、そうなんだ。やりたいことあんだ。
    どんなこと?」とか「じゃ、がんばれや~」
    でいいと思う(*´ω`*)

  2. やまぞう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >小 暖さん
    確かに日本らしいよね。( ̄∇ ̄)
    色々心配してくれての発言だから嬉しいんだけど、「周りの目」とか「世間体」とか言われると、もうそんなこと気にしてないんだよな~って。
    一般的でないこと=大変と思ってるのかもしれないけど、「みんなと同じように」することの方が、大変だと思うんだよね。
    だからウチの上司からは「変わってるね」といわれるのだけれど・・・(笑)

タイトルとURLをコピーしました